カラオケで勉強するのはあり?おすすめの理由とデメリット、料金も紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
カラオケで勉強するのはあり?おすすめの理由とデメリット、料金も紹介!

みなさんのなかには、勉強する場所が見つからずに困っている人たちもいるはずです。特に、テスト期間や受験シーズンになると、図書館をはじめとするフリースペースは学生で溢れかえっていますよね。

せっかく集中して勉強しようと思っているのにもかかわらず、場所探しで時間を潰すのは困ります。そのときに、カラオケボックスを勉強部屋として活用しようと思いついた人たちもいるのではないでしょうか。

この記事では、「カラオケで勉強するのはありなのか?」という疑問を考察しています。また、おすすめの理由やデメリット、気になる料金についても紹介しているので参考にしてみてください。

目次

カラオケで勉強するのはありなのか?

そもそも、カラオケで勉強するのはありなのでしょうか?

それぞれの事業者が定めている運営方針によって異なりますが、カラオケで勉強することを禁止している店舗は少ないと考えられます。その意味では、基本的に「あり」と言ってよいでしょう。

例えば、大手カラオケ店のまねきねこでは、「ゼロカラ」という割引特典を提供しており、学生向けにルームを勉強の目的で使用することを推奨しています。

近年、カラオケボックスは歌うだけではなく、リモートワークの仕事スペースや楽器の練習など多様な使い方を利用者に対して提供し始めています。勉強もまた選択肢のひとつなのです。

カラオケで勉強するのがおすすめの理由3選

実際、カラオケを勉強部屋として活用するのはおすすめです。

その理由は大きく3つあります。

理由1 場所を確保できる

第1に、カラオケ店を使用することで勉強する場所を確保できるという利点があります。

冒頭でも述べたように、テスト期間や受験シーズンは図書館などの勉強スペースは人でいっぱいです。試験前はとにかく時間が惜しいのにもかかわらず、場所を探すのに手間がかかるのは辛いですよね。

けれども、カラオケで勉強する場合、電話を1本で予約を取れます。そのため、当日になって場所を探す手間が省けるわけです。空いているスペースを探し回って移動し続けることがなくなるのは嬉しいですよね。

理由2 飲食もできる

第2に、カラオケ店で勉強する場合、飲食もできるので長時間にわたって作業を進められます

図書館などの公共空間に設置されているフリースペースでは、飲食を禁じている場所が大半ですよね。当然ながら、荷物の置きっ放しも禁止されているので、ランチや夕食の度に席を空けなければいけません。そのタイミングで他の人が席に座る可能性もあるので、食事の後に場所を再び確保しなければいけないときがあります。

しかし、カラオケ店を利用している場合は飲食も可能ですし、他人に場所を取られる心配もありません。まねきねこなどのように持ち込み可能な店舗もあるので、勉強しながら自前の弁当を食べることもできます。自由度の高いスペースを使って勉強するなら、カラオケボックスは最適なわけです。

理由3 Wi-Fiも整っている

第3に、カラオケ店にはWi-Fiも完備されているので、インターネット環境が整っているのも魅力的です

通信環境が整っているならば、PCやタブレットを持ち込んで、わからない問題について調べ物をしたり、問題の解説動画を見たりすることも可能です。コンセントも使えるので、各種端末の充電も安心です。

カラオケで勉強するデメリット

とはいえ、カラオケでの勉強にはデメリットも存在します。

デメリット1 お金がかかる

はじめに、当たり前ですが、カラオケボックスを利用するとお金がかかります

公共施設や学校の空きスペースを使用する場合は原則として無料です。お金をあまり持っていない学生からすれば、費用がかからないのは魅力的ですよね。

実際、毎日のように利用すれば、カラオケの室料だけでも相当な金額になるため、習慣にするよりも時期に応じて上手に使い分けたほうが経済的でしょう。

デメリット2 隣がうるさい可能性がある

続いて、隣の利用者がうるさい可能性があるでしょう

もちろん、カラオケの各部屋には防音対策が施されているので、他のルームから音が聞こえるのは珍しいことであると言えます。けれども、なかには、通常の音量設定を変更して爆音でカラオケを楽しんでいる人もいます。特に、酔っ払っている状態であるとテンションが高まって叫び出すこともあるでしょう。

そのため、勉強するのに静かな環境が必要不可欠な人たちにとっては一定のリスクがあると言えるでしょう。とはいえ、時間帯を工夫すれば、両隣が空いている部屋を借りることも可能なので、店員に相談してみましょう。

デメリット3 遊んでしまう

最後に、勉強しているときにカラオケで遊んでしまうおそれがあります

いうまでもなく、カラオケは目の前にマイクとデンモクがあるわけですから、その気になればいつでも歌って楽しめる状況にあります。

そのため、仲の良い友達とテスト対策で勉強しているときに飽きてしまって、つい楽曲を予約するなんてことが容易に起こり得るわけです。

結果として、ほとんど問題を解くことなく、時間が過ぎ去ってしまうというトラブルが発生する可能性があるでしょう。その意味では、複数人でカラオケ店を使うときは、勉強する時間と遊ぶ時間を最初から分けておいたほうがよいかもしれません。

勉強で利用するといくらかかるのか?

カラオケ店を勉強のために利用する場合でも、歌って遊ぶときと同じ利用料金が発生します。現時点では、テスト対策だから安くなるという話は聞いたことがありません。

なお、長時間にわたって利用するならば、一定の時間内で歌い放題になるフリープランがおすすめです。特に、まねきねこでは「ZEROカラ」という高校生を対象とする割引キャンペーンを企画しているので、使ってみることをおすすめします。詳細について知りたい方は次の記事をご覧ください。

使ってみると案外便利!

いざ勉強しようと思っても、場所を確保できないのは不便な話です。しかし、カラオケのルームを活用すれば、場所の問題は解決します。

ルームの利用料金を時間単位で支払っている以上、カフェやファミレスなどの飲食店が回転率を上げるために、「早く出て行って」的な雰囲気を醸し出される心配もありません。

実際に使ってみると、案外便利という人たちもたくさんいるんです。Twitterで「カラオケ 勉強」と調べてみると、体験者のツイートが検出されるので、現場の雰囲気や感想が気になる方はチェックしてみてください。

もしかしたら、今後は学生たちのテスト対策でカラオケが当たり前のように使われるかもしれませんね。

カラオケで勉強するのはあり?おすすめの理由とデメリット、料金も紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次